« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

第4回 ヒヤリハット大会開催 (研修医初参加!)

こんにちは。

なんだか夏sunが戻ってきたみたいですね

昨日、第4回ヒヤリハット大会が開催されました。

前回の模様はhttp://shonan-atsugi.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/3-eb4f.html

今回も 日曜日の開催weep 一日中開催crying

なのに満員fullfullfullhappy02

1 今までとの違いnewは・・・

院長が参加できなかったこと(飛行機airplaneが飛ばなくて出張先から帰って来れなかったそうです)

そして・・・

そう、shine研修医が参加shineしたことです

5 休日にもかかわらず60人以上の職員が集まり、病院内の安全性を高めるべく熱心な意見交換が行われましたrecycle

医療現場においては、直接医療に携わる医師・看護師だけでなく、様々な職種も間接的に医療を担っています。

なので、事例検討も多職種にわたります。

例えば放射線技師shadow2

そして事務系pcからも発表があります。

4 

 

 

 

もちろん看護師からも

3

あれ?

なんだか緊張した表情thinkですが・・・・・

6

そう、今回医師からの報告は研修医が行いましたsign03

カンファレンスと違って人数も多く、しかもいろんな職種が集まっていたのでかなり緊張したようです。

でも発表が始まるとこの通りkaraoke

7 堂々とした発表ぶりでしたgood

質疑応答では副院長から質問mobaq?というか全職員へ向けてのメッセージdangerがありました。

8  

 

 

 

 

そして、今回の特別講演は四街道病院の原野院長flair

9

http://www.yotsutoku.jp/philosophy/index.html

原野院長は四街道病院の院長を務めるだけでなく、TMATという組織で災害医療の国際協力を行い、世界中を飛び回っている先生です。

http://www.tmat.or.jp/

今回は世界中の医療を見てきた目から、新型インフルエンザ対策についてお話していただきました。

10 すごく勉強になりましたね~up

さて、注目の結果は・・・

1位 ERcrown

2位 栄養室restaurant

3位 リハビリ室run

・・・という事で、今回も、医局は、入賞できず・・・coldsweats01

また次回頑張りましょうねsign03

| | コメント (0)

CPCが開催されました。

今日は厚木は快晴sunsunsun

でも段々と風が涼しくなって秋mapleらしいですね。

さて、今日はCPCの話題。

昨日CPCが開催されました。

CPCってご存知ですか?

ClinicoPathological Conference の略で、臨床的所見と病理学的所見とを付き合わせて、それらの関係を討論し、臨床経過や臨床診断を吟味・解析するカンファレンスのことですbook

これは、臨床医にとって非常に勉強になる内容goodで、平成16年度における新医師臨床研修制度(必修化卒後研修)の導入に伴って、病理解剖症例に基づくCPCレポートの作成と症例呈示がすべての研修医に義務づけられましたdanger

という事で、当然今回のカンファレンスは研修医が主役sign03

1

まずは準備。

何日も前からこの日のためにプレゼン資料pcを準備し、最後は誰もいないカンファレンスルームでリハーサル。

通常業務終了後の開催なので外はもう真っ暗nightです。

かなり緊張しているようですが・・・coldsweats02

始まってしまえば大丈夫happy012

これ位の症例提示は慣れていますからね。

でも、いつもと違うのは・・・参加者geminigeminigemini

3 病理医は一言も聞き逃さないよう集中eyeしていますし、

そのほかもいつもと違って、

看護師・薬剤師・検査技師と様々な職種が参加していますからねぇ

きっと緊張したでしょうね。

しかし

質問の答えっぷりも堂々としていましたよwink4

成長したもんですfuji

研修医による症例提示・臨床所見の検討後は病理医による組織所見の提示pc

5 ここは全参加者が勉強になったと思います。

もちろん研修医も。

緊張が解けて居眠りsleepyでもしてるかと思ったんですが・・・

6 

しっかり質問karaokeまでしていました。

今回は僕も結構勉強になりましたね。

今後も定期的に開催の予定ですので、見学に来た学生さんも運がよければ参加できるかもしれません。

期待しててくださいね。

この後は、研修医・病理医を囲んでのお食事会でした~restaurant

| | コメント (0)

湘南外科グループ(SSA)ミーティング

こんにちは、医局秘書です。
ここ数日涼しい陽気が続いてますねshine

さて、先日湘南外科グループ(SSAShonanSurgicalAssociation)のミーティングが当院でありました。
湘南外科グループとは、卒後6年間の外科レジデント教育プログラムと6-10年目までの指導医教育プログラムから成っています。研修期間を通して約1300例以上の手術を執刀するが症例数の多さに流されることなく1例1例の患者さんとの触れ合いを大切にし、各疾患の医学的知識と外科治療技術の研鑽を怠ることなく日々精進して、「メスの持てる内科医」であることを理想としています。(SSAのH.Pよりhttp://c11ysqkq.securesites.net/ssa/

このミーティングは年に数回行われるのですが、ちょうど3年前には当院で下肢静脈瘤レーザー治療のワークショップを行いました。
camera↓ライブ手術カンファレンス。
Live

その際、米国よりこの治療の第一人者であるロバートワイス医師をお招きました。
アメリカのベストドクターにも選ばれたことのある、世界的に著名な医師です。
Lw

先日でのミーティングでは、各病院の若手医師が症例発表を行い、意見や質問など飛び交っていました。

Me

当院の1年次・2年次研修医の先生も、もちろん参加&症例発表しましたよgood
Atsugi

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »