« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

お世話になっております。

協力病院訪問第2弾です。
今回は北海道sign03
冬の北海道で頑張っている研修医を訪問してきました。
前日札幌で説明会があったので、夜のうちに行ける所まで移動train
駅から一歩出るとこんな景色camera

Ice1

まぁ、雪国って感じですが、よく見ると・・・
雪なんてほとんどありません。

Ice2

氷・氷・氷・・・shock
道路はぜ~んぶ氷です。

素人さんは運転しちゃいけませんねng

さて、翌日
電車で静内まで移動です。
沿線は段々と寂しくなって・・・typhoon
を予想していましたが、意外と(失礼coldsweats01)都会でした。
天気も良くポカポカ陽気sunsun
北海道にいることを忘れてしまうような日差しの中、静内駅に到着。

Station1_3



駅から出て真っ先に目に入るのがコレhorse

Station2

日高地方は有名な競走馬の産地です。

一説によると人の数より馬の数のほうが多いとか・・・horsehorsehorsehorse

その謎が解けました。この地方はあまり雪が降らないんですね。北海道というと雪のイメージがありますが、この周辺はほとんど雪がなく、冬でも調教が出来るそうです。

目指す病院は駅から車で5分程度

Hosp

静仁会静内病院です。
写真に写っているのは玄関だけですが、この後ろに新館がド~ンと建っていました。
この地方ではかなり大きな病院で、湘南鎌倉病院などからも研修医を受け入れているそうです。

まずは医局に案内していただき、当院の研修医M先生と再会happy01
元気そうで、イキイキと、ノビノビと研修していました。

ちょっと話をしているとすぐに救急隊からコールmobilephonethunder

Er

救急車です。
しかも・・・落馬horse

Ambu_2








患者さんの処置も終了し、ちょっと落ち着いたところで今度は病棟からコールmobilephonethunder

Resi

充実した研修が出来ているようです。






静内病院の皆様、そして新ひだか町の皆様、しばらくお世話になりますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

お世話になりました

今にも辞めそうな書き出しですがcoldsweats01・・・残念ながら別な話題notes

12月から2ヶ月間、研修医のY先生が地域医療研修で

埼玉の皆野病院にお世話になりました。
1月末に、お礼かたがた様子を見に行ってきたeyeのでその話題。

埼玉って言うと都会buildingbuildingbuildingのイメージがあるかもしれませんが、皆野町は秩父地方というところにあります。
地図でいうとdownwardleftAのあたりです。

Map

秩父といえば、長瀞tmが有名ですねnote病院のすぐそばが

ライン下りshipの乗り場なんですよgood

だからこんな景色camera

River

そんなのどかな中に皆野病院はあります。

車で走りながら、どこかどこかと探していると・・・突然hospital

Hosp

皆野の皆さんごめんなさいconfident

想像よりずっと大きくて、ずっと綺麗でびっくりしてしまいました。

ちょっと早くついたので、周辺を散歩していると、こんな案内がdanger

Sign

小さい看板ですが、病院の前の通りはこんな名前になってました。職員の方もつい最近まで気付いていなかったようですが、何だか地域の人たちに信頼されている証のような気がしてうれしくなりましたhappy01

病院で、院長先生・副院長先生など、お世話になった方々にお会いして、研修医に会って・・・ゆっくり話を・・・と思ったら、何度も緊急コールmobilephonethunderが掛かってきてほとんど話も出来ずdespair

でも、しっかり指導していただいたようで、とても逞しくなってましたgood・・・が・・・写真撮る暇がありませんでした。

なので、彼の仕事場ERの写真cameraで勘弁してください。

Er

それから、彼の寮

Domy

駅近の優良物件ですね。

でも彼はほとんど病院に住んでいたそうですempty

さぁ、2月からは最後のローテーションrecycle小児科sign03

気合入れて・・・と思ったら、この翌日インフルエンザでダウンshockしたそうです。

いい休養になったかな?

何はともあれ、

皆野病院の皆様、本当にお世話になりました

有難うございましたconfident

| | コメント (1)

院内の取り組み

こんにちはhappy01

今日は院内の取り組みについてご紹介。
初期研修については、先日1年次研修医の先生方が感染症セミナー(in静岡fuji)に参加しましたのでお楽しみにnote

さて、2010年、神奈川県では受動喫煙防止条例が制定され、病院などの第1種施設は禁煙に指定されています。
当院では、
禁煙推進委員会が、職員や患者さん等の健康を守るため禁煙化を進めています。ヒヤリ・ハット大会では卒煙式なども行われました。

Kinen

2009年、職員の喫煙率が29%だったのが
2010年には12.9%
そしてsign03
ついに2011年現在は9.6%と大幅に減りましたscissors

喫煙者ゼロまでもう一押しsign01

| | コメント (0)

優秀医局 表彰されました!

こんにちはhappy01
「卒後臨床研修評価」、「神奈川県子ども・子育て支援推進事業所」の認定の次は、表彰ですsign03sign03

Hyoushou_2

毎年一定期間、グループ病院全体で患者さんにアンケート(外来・入院)をお願いしており、集計結果をもとに表彰されます!

医局・看護部・コメディカル・事務部門別で、当院は「医局」が優秀賞に選ばれましたgood

Tate_2

これは患者さまの実態や病院への評価、満足度を把握して問題点の改善・満足度の向上を図るためのものですので、この結果をもとに少しづつ改善につなげたいと思います。

リンク先を探せなかったのですが、2008年?頃にも表彰されたので、今回は2度目の受賞となりましたscissors

| | コメント (0)

神奈川県子ども・子育て支援推進事業所に認定されました

こんにちはhappy01

施設認定の続報ですgood
先日、卒後臨床研修評価機構の「4年」認定について書きましたが、今度は「神奈川県子ども・子育て支援推進事業所」に認定されましたのでお知らせしますup

Kanagawa_4

これを取得するための要件として
one育児・介護休業法で義務付けられている制度・措置である4項目を社内制度として明らかにしている(育児休業・勤務時間の短縮等)
two仕事と子育ての両立支援に関する社内の責任者を明確化させる
three子ども・子育て支援のための取り組みの計画的な推進を内外に明らかにしている
four計画内容及び事業活動が関係法令に照らし適切であること   です。

神奈川県では188事業所が認定されているようです。

当院も院内保育があり、子育てと仕事を両立している方が非常に多いんですwink

Pc251729

                        毎年恒例:クリスマス回診(保育園)

出産・育児のために初期研修を中断した方が再開するには良い環境かも知れませんねshine

| | コメント (0)

新兵器(?)続々・・・

機能評価の記事がトップに来なくなってしまうのは残念ですがcoldsweats01

ここのところ新兵器の導入に向けた検討会が目白押しなんですnew

まずはベッドのマットレスone
入院患者さんはその大部分をベッドの上ですごしますsleepy
ですから、マットレスはすごく大事rock
今使っているマットレスも5年経ち、へたりが気になってきました。
そこで、標準マットレス総入れ替えを検討中です。

Mat1

寝てみたりsleepy

Mat2

 

 

押して感触を確かめたりpunch

こうやって、患者さんがより良い環境で入院できるよう努力しています。

今回導入を考えているマットには色々な機能が隠されていますので、それに関してはまたの機会にenter

次は、新しい治療器twoVACシステムです。

以前からその有用性は認められていたものの、保険適応がなかなか認められず、使うに躊躇される機械でしたが、やっと保険適応passとなったため当院でも導入しました。

Vac早速研修医もレクチャーを受け臨床使用開始ですon

創傷治癒効果が高いので、傷を早く治して早く帰ることができますgood

そして最後は、患者さんとは直接関係無い機械ですが

Patho1

カンファレンス用のデジタル顕微鏡ですthree

今日は消化器カンファレンスがあったので、その際にデモを行ってもらいました。

プレパラートを瞬時に読み込んでモニタ表示できます

しかもマクロ画像も見れるので、標本のロケーションが把握できる優れものですsearchPatho2_2

今日は小さなモニタでしたが、実際の導入時には更に大きなモニタを接続してpcpcカルテと病理組織を見ながらの検討が可能なシステムが構築される予定です。

このように、患者さんと研修医のためになるものはどんどん導入したいscissors・・・と・・・考えています・・・が・・・予算が追いつくかyen

院長・事務長・・・よろしくお願いしますsign03confident

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »